研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉が懸念される3つの理由

歯を白くできる歯磨き粉の有効な使用方法はジェルを使う前に歯の汚れをまんべんなく軽く磨くことです。先に落とすことで有効成分がより歯に浸透して有効性を高めます。歯を痛める成分が入っている歯磨きジェルはホワイトニングには推奨できません。

成分のせいで歯が傷んでしまって、そこに着色してしまい余計に汚れてしまいます。

こういったワケで研磨剤が配合された従来の歯磨き粉での歯を白くするのはおすすめではありません。

歯を白くする効果歯磨き剤で、気軽にお宅で黄ばみを落としたいとお考えの方は多いと思われます。

でも日本で買える歯磨きジェルはステインを除去できる得られる成分は配合することができません。

歯の上っ面に張り付いた緑茶、ワイン、タバコのヤニ等の汚れ成分を落とす。表側を膜を張ることによりステインの粘着することを防ぐ。研磨成分は仮初に歯を削って黄ばみを落とすので長く使うのはおすすめできません。

けんまざいにより削れた歯の表面から汚れが入って定着し着色度合いが進行する危険性があります。

歯の黄ばみには多様な原因があります。年齢による歯の傷み、歯並びの悪さ、歯医者さんでなければ治せない原因もありますが、日々のケアでホワイトな歯を保つことはできるでしょう。ウエディングに間に合うようにホームホワイトニングを歯磨きジェルで取り組むなら早めに取り組むのがいいだといえます。ホワイトニング用の歯磨き粉でホワイトニングするなら最低でも3ヶ月はみるべき。

余裕を持つなら5ヶ月と余裕を持った方がいいだといえます。コーヒーや紅茶、コーヒーやお茶による黄ばみは病院でないと落とせないのが一般的ですが、自分でも安易に落とすこともできるでしょう。

重曹を使うことで黄ばみは少しずつ剥ぎ取られ白い歯に手にすることができるはずです。このところ洗浄成分入りの歯磨き粉より洗浄成分が入ってないハミガキ粉が話題になっています。研磨しないので、歯の再石化にも効果を発揮するからです。

歯にこびり付いたガンコな汚れは丸めて剥ぎ取るから歯を傷つけるようなことはないです。

天然素材のちからで歯垢をこびり付かないように歯をガードします。

もっと詳しく>>>>>ホワイトニング 歯磨き粉 オーガニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です